あさひ発 ふるさとブログ

小川河口にサケ里帰り

秋の便り。

今年も、小川の河口にサケが少しずつ帰って来ています。

14721542_917595581706096_5373320838769561917_n

ヤナ場の辺りに見える黒い魚影がサケです。

サケは、3~5年かけてベーリング海⇔アラスカ湾の南北移動を繰り返しながら成魚となり、

産卵のため自分が生まれたふるさとの川へと帰って来ます。

朝日内水面漁業協同組合が、小川河口で人工ふ化放流に取り組んでいますが、

回帰率は、1,000尾のうち3尾の0.03%!

14657248_918782008254120_6657777290711018432_n

14731194_918780924920895_2980094794900859051_n

鼻の先がやさしいのがメス。

鼻の先がぐっとカギ状になっているのがオス。

オスは、メスを奪い合って戦うため、鋭い牙も生えています。

バシャバシャ水しぶきを上げながら登ってくるサケの姿が、

とてもたくましく感じます。

14681764_917592975039690_2166045711653510066_n

サケ漁は、ヤナ場を設置し上流へサケが上るのを止めて、

川の端から端まで広げた網を下流へ歩きながら曳いて、

下流側からもサケを追い込んで捕まえます。

14717300_918781024920885_6291101038477146659_n

14718648_918781071587547_6813506318062397106_n

捕まえたらすぐさま、

オス・メス、鮮度などサケの状態を見極め分別します。

メスの卵が熟成してきたら、採卵・受精を行いますが、

もうしばらくかかりそうとのこと。

この日は、燻製を作るためにオスを三枚に下ろす作業もされていました。

14680577_918780918254229_2060523368327853527_n

 

そして、昨年からはじまった、サケ有効利用調査。

通常は、川でのサケ釣りは年中禁止されているのですが、

小川では、特別に県から許可を得て、サケを釣り上げることができます!

14666254_918302141635440_345023178382156726_n (1)

予約制なのですが口コミで広がり、

今年は、800人のお申し込みがあり当選300名で2.6倍と大人気!

来年、ぜひお申し込みください。

▼詳しくは、朝日内水面漁協HP

http://www.asahinaisuimen.jp/

 

早速、地元の小学生が、

社会科の水産業の授業で、地域の漁業を学ぼうと見学に来られました。

14705906_918301928302128_6088834493980681504_n

調査員の釣り人に、がんばれがんばれー!すごい!と声援が飛びます。

14695460_918301728302148_8077359777142945141_n

エサは、イカやサンマの切り身を赤く色づけたもの。

14650630_918301901635464_1072227314343952724_n

メスは、孵化放流のために漁協に渡してもらいますが、

オスは、3尾までお持ち帰りできます。

14702379_917593108373010_5597958827362556467_n

釣り上げたサケは、組合長自ら3枚に下ろしてくださるサービス付き!

 

今年は、まだまだ上ってくる数が少ないそうですが、

これから増えていくことを期待しています!

コメントリスト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です