あさひ発 ふるさとブログ

地旅「朝日町編」を開催しました♪

滑川市の株式会社浅野観光さんの企画で、「宝物がひそむヒスイ海岸と、ありのままの暮らし体感♪」をテーマに、4月24日(火)に「地旅」朝日町編を開催しました。

「地旅」とは、「地域」を誇りに感じている人たちが、そこを楽しみに来てくれる人たちのために、企画しておもてなしする旅のことです。

今回、あさひふるさと体験推進協議会が地元窓口となり、浅野観光さんの企画にご協力させていただきました。

朝日町に住んでいてもなかなか体験できないプログラムが盛りだくさん!

 中でも、このツアー企画をきかっけに、なんと数十年ぶりにヒスイ海岸での「タラ一本焼き」が復活しました!

宮崎のお父さん、お母さんでも記憶が薄れている中、ベテランのおじいちゃんからたくさんのアドバイスをいただいて、技と想いを引き継ぐことが出来ました!

 

当日、お客様のバスがヒスイ海岸に到着されるのは10:50頃の予定。

ふるさと体験 in みやざき実行委員会の加藤 好進さんはじめ、

宮崎のみなさんが朝8時に集合して準備に取り掛かりました!

「とやま食の匠」の竹谷 てる子さんが、

内臓を取ったタラに、口から竹串を骨に沿ってグサッと刺していきます。

タラ準備中

薪を燃やして、小一時間ほどじっくり遠火で焼いていきます。

いい香りが漂ってきたころにみなさんが到着されて、21名が一斉にタラの周りへ!

豪快!タラ一本焼きにみなさん感激の笑顔です☆

豪快!タラ一本焼きを囲んで

ガブっと丸ごとかぶりつき!こちらもよだれが出てきます♪♪♪

丸ごとかぶりつき!

ヒスイ鑑定士 扇谷 誠さんからヒスイのお話しを伺って、みなさんでヒスイ海岸を散策。

さわやかな風と波の音に、心もゆったりとほぐれていきます。

 ヒスイ海岸へ別れを告げて、今度は泊の街中へ。

神田新地にある泊料亭組合検番事務所で、県内唯一の芸妓さんとの交流です。

泊料亭組合検番事務所

なかなか見られない芸妓さんの裏舞台にお邪魔しました。

お姐さん方がすっと舞台に立たれた途端、凛とした空気にほれぼれ見とれてしまいます。

 泊芸妓の舞踊

舞台の下では、和気あいあいと。お姐さん方のこのギャップに魅了されてしまいました。

泊芸妓との交流

かつての宿場町泊で、現在1軒となった料亭月見家さんで昼食。

旬の食材を活かしたお料理がずらり並びました。

2階は、芸妓さんとお客様が1対1で遊んでおられたVIPルーム。

藤の床柱や、欄間、美しい天井など、なかなか見ることの出来ない凝った造りのお部屋です。

料亭月見家2階VIPルーム

月見家三代目のすてきなご夫婦。

おばあちゃまが語る、神田新地の思い出話をぜひ聞きにいらしてください。

月見家三代目のご夫婦

お腹いっぱい!でも、甘いものは別腹!

泊の街中で、地元に愛されるお店を食べ歩きです♪

まずは、大むら菓子舗さんのヒスイ羊かん!

大むら菓子舗のヒスイ羊かん

ご主人が、ヒスイ海岸で拾われたとろけそうなヒスイにみなさんメロメロ~♪

なでたら何だかイイコトありそうな、本当にすばらしいヒスイです!

このヒスイ羊かんに!

続いては、福を呼ぶお豆さんの木村豆菓子店さん♪

朝日のみなさんは、節分には必ずこのお豆をいただきます。

ラジュウム豆とぜいたく豆

地元女子高生に大人気の菓子処みずしまさん♪

マドレーヌ、チーズケーキ、野菜の健康クッキー、ブランデーケーキetc.

幸せになれるお菓子がたくさん揃っています!

菓子処みずしま

舟川べりの満開の桜とチューリップの美しい風景を見た後は、

歴史公園の川上家でバタバタ茶体験!

五郎八茶碗とバタバタ茶筅でリズミカルに音を立てながら、自分でお茶をたてていただきます。

あさひガイドグループの水野 瑠美子さんが、今回、地元ガイドとして朝日町の歴史文化をご紹介しながら、旅を盛り上げてくださいました。

バタバタ茶体験

「朝日町でこんなに楽しい旅が出来るんだね~♪」

と、今回の「地旅」が、県内外のみなさんに「朝日町の魅力を再発見」していただけるいい機会となればありがたいです。

ステキなお客様、浅野観光さんのおかげで、受入側である私たちも心から楽しみながらおもてなしさせていただくことが出来ました。本当にありがとうございました!!!
またぜひ、地旅「朝日町編」を継続して開催していきたいです♪

「地旅」朝日町編が新聞に掲載されました

平成24年4月24日に開催しました、「地旅」朝日町編をたくさんの新聞に取り上げていただきました!
写真のお客様の笑顔が、とっても輝いていて、こちらもとてもうれしくなります♪
本当にありがとうございます。
 

タラの一本焼き復活!試し焼き編

さあ!いよいよ焼いていきますよ~!

「何十年ぶりかしら!?」

みんなわくわく♪

おがくずと小枝を焚きつけにして火を付けます。

焚きつけ

火の火力が落ち着く間に、タラの準備。

タラは鮮度が命!

内臓をとった新鮮なタラの口から竹串を入れて、グサッとずり落ちないように刺していきます。

竹串も手づくり!竹串は長めに、竹の節を口元側に残すと落ちてきにくくなります。

竹串をグサッと

さあ!焼いていきますよ~!

火の周りに、口を下向きにしてタラを立てて刺していきます。

いよいよ焼きはじめ

だいぶ色あせた昔の写真の光景が復活!

明日の本番は、もっとズラリとタラが並びますので、さらに迫力の画となります!

写真の光景が復活

この感動をみんなにも伝えなくちゃ!一斉に写真撮影!

火を囲んでわいわいおしゃべりをしながら、じっくり遠火で焼いていきます。

みんなで撮影会

次第にタラの香ばしい香りが漂ってきて…。

じゅわじゅわ~♪

皮がぷくっとふくれて、香ばしいきつね色に!

香ばしく焼けたタラ

焼きあがりました~☆

さぁ、みんなでいただきまーす!分け合って手づかみでぱくぱくっ!

子供の頃、焼きあがったタラを串から外すお手伝いをしながら、

お駄賃として、串についた身をつまむのが楽しみだったそうです♪

「ここが一番おいしいんだよ~♪」

思い出も一緒によみがえって、みなさんのおいしい笑顔が輝いています☆

焼きたてをパクっ!

子どもたちも大喜び♪

ぱくぱく手が止まりません!

ふっくらちょうどいい塩加減☆

お腹の大トロの部分が、カリカリ香ばしくて絶品です!!!

手づかみでパクっ! 

いよいよ、 24日(火)が本番です!

この光景と絶品のおいしさ、お客様にも喜んでいただけましたらありがたいです!

 

「地旅」朝日町編のお話しを株式会社浅野観光さんからいただいて、

「タラ汁もいいけど、タラの一本焼きもおいしいよ♪」のヒトコトから、

こうして、失われかけていた伝統の「タラの一本焼き」が復活することとなりました!

今回の機会をいただけましたこと、本当に感謝しております。

 

様子を見に来て下さったベテランのおじいちゃん、おばあちゃんから、

たくさんのアドバイスをいただいて、細かな技までしっかり受け継ぐこともできました!

郷土愛にあふれる宮崎のみなさんの団結力、漁村ならではの伝統、文化、

宮崎って本当にすばらしいです!

タラの一本焼き復活!準備編

4月24日の「地旅」朝日町編に向けて、本日はタラの一本焼きの予行練習!

ふるさと体験 in みやざき実行委員会のお父さん、お母さん達と朝から準備開始です!

 

ヒスイ海岸では、今の時期フクラギが釣れますよ!

釣り人とヒスイ探しのお客様でにぎわっています。

ヒスイ海岸

まずは、風よけの木枠づくり。地元宮崎の大工さんの腕の見せ所!

地域にいろんな職人さんがおられて、ここぞという時に助けていただけてありがたいです。

知恵と技、人と人とのつながりで、漁村、農村の暮らしが成り立っているのだなぁ~と改めて感じます。

木枠づくり

石で丸く枠を作ったら、なんだか急に雰囲気が出ていい感じに!

中に砂を敷き詰めていきます。

砂を敷き詰めます

焼いている途中、タラが倒れてしまったら砂だらけ!

そうならないように、小砂利を敷き詰めます。

これも、受け継がれてきた知恵ですね。

波打ち際から拾ってきた砂利の中には、小さなヒスイがたくさん含まれていますよ~♪

砂利を敷き詰めています

これで焼く場所の準備は完了!

さあ、いよいよ焼いていきます!!!

 

「試し焼き編」につづく…。

さくらさくら

残雪の朝日岳が青空にくっきりと映え、

桜並木、チューリップとの重なりがとても美しい舟川べりの春の風景です。

ここ数日、モヤがかった日が続いていて、

朝日岳がきれいに見える日を待っていたので、

あまりの美しさに感動しました。

舟川べりの春の景色

桜並木と舟川のせせらぎの組み合わせも、心洗われる美しさです。

このせせらぎを聴きながら、ぽかぽかずっと日向ぼっこしていたい…とても癒される時間。

舟川べりのせせらぎと桜

こちらは、朝日町役場の桜。

子どもたちが、桜の木かげでかくれんぼをしていました。

ほほえましいですね…自然と笑顔になります。

さくらとこどもたち

春は、一年で一番命が輝くとき。

雪国でよかった…。

厳しい冬を乗り越えるからこそ、春のよろこびをこんなにも強く感じることが出来ます。

桜の花が咲き始めました!

春の陽気に誘われて…朝日町の桜の名所、舟川べりの桜が咲き始めました♪

大きく膨らんだ白いつぼみが、今日になって、ぽっぽっぽっと開き始めました。

舟川べりの桜

21日のあさひ桜まつりは、ちょうど満開のいい時期になりそうですね♪

今夜から、ちょうちんに灯がともされ、夜桜も楽しめますよ。

残雪の朝日岳、満開の桜並木、色とりどりのチューリップとの奇跡的なコラボレーション。

この美しい農村景観が、舟川新地区の誇りです。

舟川新のチューリップ農家さんは、去年までは3軒おられましたが、

今年は、1軒だけとなってしまったそうです。

ちょうど、チュリスト山崎さんのスタッフ2名が、病気のチューリップを取り除く作業をされていました。

このチューリップは、球根生産のため栽培していますので、

病気のない元気な球根を栽培するために、人の目で病株をチェックし取り除いていく必要があります。

開花前と開花後と、病気を持った球根を取り除くため、葉、茎、花をチェックし、

もし病気があれば、球根ごと取り除いていきます。

前屈みの中腰で、この数万本のチューリップを全てチェック…本当に大変な作業です。

病気をチェックしながら、肥やし袋に抜いた病株を入れて歩くのですが、

重たくて持てなくなることもあるそうです。

病株の抜き取り作業

毎年、このすばらしい景観を守るため早生品種を植え、

桜と開花の時期が合うように調整されています。

今年のような大雪、低温の年は、調整も難しいようで…一足早く、チューリップの一品種が満開に!

周りの畑のチューリップは、まだつぼみが足元にできた状態ですので、

ちょうど桜に合わせて咲いてくれそうです。

舟川新のチューリップ

早起きして出勤ルートを変えて、

朝日岳が映えるベストショットのタイミングを狙いたいと思います☆

奇跡のコラボレーションに会いに、ぜひ朝日町へお花見にいらしてください!

お待ちしております!

身近な野菜じゃがいもの体験!

大家庄地区の有限会社クリーンみず穂の柳澤さん、

子どもたちの農業体験学習に熱心に取り組んでおられる農家さんです。

本日は、春の陽気が感じられる気持ちのいい快晴。

昨日用意されていたじゃがいもの種いもを、早速畑に植えておられました!

山盛りどっさり!!!

すべての欠片からしっかり芽が出ています。

じゃがいもの種いも

畑には、ハイテク機械登場!

野菜移植機

ターンテーブルのポットの中に種いもの欠片を入れていくと、

自動で定植し、土をかぶせてくれます。

野菜移植機

実は、こちらは、新品の機械。

農機具屋さんが、試しに?と持ってきてくださったそうです。

粘性土のためか、ちょっと機械の操作、調整に手間取っておられましたが、

人力と比べれば、効率性は格段にUPしますね。

 

カレー、肉じゃが、ポテトサラダ☆

じゃがいもは、食卓で一番身近な野菜だと思います。

小学校の理科では、

じゃがいもにヨウ素液をたらすと、でんぷんに反応し青紫色に反応する実験を行いましたね!

ちょっと科学者になったような気分で、わくわくした記憶がよみがえります。

 

去年の夏にじゃがいも掘りを体験した子どもたちからは、

「10びょうに2こぐらいとれた」

「おもしろいかたちのがでてくるのでおもしろかった」

「ほり終わると顔や体がどろんこだった」

と、身近な野菜だけれど、収穫は初体験のじゃがいも掘りが大人気でした!

じゃがいも掘り

とれたてほくほくのじゃがいもで作ったカレーは、みんな食べ過ぎてお腹がぱんぱんに!

とれたて野菜カレー

今年も、そんな楽しい思い出が、この畑からつくられるのですね~♪

柳澤さん、おいしいほくほくじゃがいも、楽しみにしています!

春の農作業

ただ今、農家さんは、春の農作業の真っ最中!

大家庄地区の有限会社クリーンみず穂では、

若いスタッフが手分けしながら、畔塗り、肥やしふり、田起こしに毎日励んでいます。

稲の苗箱は、約2万箱!まだ、半分も準備出来てない…とおっしゃっていましたが、

どのハウスも、青々とした苗で埋まっています!

稲の苗

「苗半作」農業は、苗づくりで半分以上決まる!

きらきらと輝く苗を見ていると、今年も元気に育ってくれよ~とついつい声をかけたくなります。

すくすく成長中

本日は、雨降りの一日でしたので、作業場で、じゃがいもの種イモの準備をされていました。

北海道生まれ、ばれいしょの「はるか」。

1つの種芋を3つほどに小さく切っていきます。

種いも

すべての欠片にちゃんと芽が残るように、芽を折らないように、すばやく丁寧に。

これで、30a分だそうです。もりもり!

種いも

春は、何かと作業が重なってとても忙しい時期ではありますが、これからが田植え、農作業本番!

おいしいね~♪と喜んで下さるお客様の笑顔のため、

若いスタッフのみなさん、今日も和気あいあいとがんばっておられました!

宿場町泊、県内唯一の泊芸妓

2か月遅れの梅の花がようやく満開となり、春らしい暖かさも感じられるようになりました。

梅の花

桜のつぼみも日に日にふくらんできています。

今年の舟川べりの「あさひ桜まつり」は、4月21日(土)に開催されます♪

 

県内で唯一芸妓さんのいる朝日町。

桜まつりでは、泊芸妓の演舞を身近に見ることができます。

泊芸妓の伝統を継承していくため、日本舞踊花川流家元の花川蝶十郎先生に毎月東京からお越しいただき、稽古をつけていただいているそうです。

今は、桜まつりの舞台に向けて、集中してお稽古に励んでおられる真っ最中。

そんな芸妓さんの裏舞台を、今回のぞかせていただけることになりました。

こちらが、神田新地の泊料亭協同組合検番事務所。2階が稽古場です。

検番事務所

芸妓さんの草履が整然と並んでいて…。

玄関から別世界に入った気分。

芸妓さんの草履

歴史を感じる丸窓は、中から見ると光の加減で一段とすてきです。

丸窓の明かり

家元ごとに異なる踊りの教本。

お許しを得て、撮らせていただきました。

踊りの教本

よろしくお願いします。すっと舞台に上がられた芸妓さん、お稽古が始まりました。

先生が、ひとつひとつの動作に込められた想いを伝えながら、ご指導されています。

踊りのお稽古

緊張感のある空気に、こちらの背筋もシャンと伸びる感じ。

桜まつりのフィナーレを飾る全員での踊り。圧巻です!

総踊り

普段入ることのできない検番という独特の雰囲気の中、裏舞台のお姐さん方に出会うことが出来ました。

お稽古のお邪魔をしてしまいましたが、気さくに迎え入れていただきまして、本当にありがとうございました。

 

北陸上街道と下街道の合流点、そして、親不知・子不知の難所を目の前に、当時、宿場町泊は旅の人で賑わっていました。

明治32年には、県から「免許地」として許された神田新地が誕生し、料亭には、県内外からお客様が遊びに来られていたそうです。

この地で宿場町の歴史と共に歩んできた芸妓さん…朝日町の奥深さを感じます。

鍛冶職人大久保さんの泊鉈

朝日町唯一の鍛冶職人、大久保さんの「泊舵」
鉈を収めるサルナシで編んだ鉈鞘も、今では貴重なものとなりました。

泊鉈

大久保さんの作業場。

使い込まれた道具たちが並んでいます。

使い込まれた道具

写真の銑(セン)と呼ばれる道具とヤスリを使って、刃を削り出しています。

一度焼きを入れた堅い鋼を削っていく…。

今年で82歳とは思えない力強さ。

職人歴67年。

積み重ねてきた職人の技、その重みを感じます。

刃の削り出し

泊鉈の先端の突起はトンビと呼ばれ、

ゆるやかなカーブを描いた刃の形状がとても美しく、

その使い勝手の良さでも評価が高い泊鉈。

刃の削り出し

これからさらに焼きを入れ、

グラインダーで刃を磨き…まだまだ長い工程が続きます。

 

県内でも希少となった鍛冶屋さん。

春を迎え、県内外から農作業に使う鍬や鋤などの修理依頼が持ち込まれてきます。

頑丈でその土地に合わせて作られた昔ながらの道具たち。

「昔ながらのものを大切に使ってくれる人がこうして訪ねて来てくれる限り、

鍛冶屋をやめるわけにはいかないよ。」

 

『生涯現役』

職人として、ただひたすらにその道を歩む。

「この人に会いたい!」朝日町のすてきな宝。